入れ歯の特徴
TOP > 入れ歯(義歯) > 入れ歯の特徴

入れ歯治療の
メリット・デメリット

歯を失ってしまった時、見た目や機能を補う治療方法にはいくつかあります。入れ歯治療はそのうちのひとつの方法です。

入れ歯がブリッジやインプラントといった治療方法と大きく異なるのは、取り外しが可能だということ。義歯部分のお手入れがしやすくはありますが、逆に取り外してのお手入れが面倒だと感じる方もいます。

入れ歯のメリット

  • 基本的に健康な歯を削らない・抜かない
  • 失った歯が多い場合でも、ひとつの入れ歯で対応できる
  • 口腔内の状態が良くない場合でも入れ歯を作製できる
  • 他の治療法より治療期間が短くすむことが多い
  • 経済的負担を抑えることができる
  • お手入れやメインテナンスがしやすい

入れ歯のデメリット

  • あまり硬いものは噛めない
  • 調整を丁寧に行わないとかみ合わせに違和感が残ることがある
  • 食べ物が挟まることがある
  • 外してお手入れを行わなければならない
  • 定期的な調整が必要

入れ歯と他の治療方法との比較

歯を失ってしまった際には、入れ歯の他に、ブリッジによる治療やインプラントによる治療が選択肢としてあります。

ブリッジは素材を選ばなければ、保険による治療が可能ですが、インプラントを選んだ場合には、自由診療(保険外診療)となります。

インプラント

インプラント治療は、歯を失った箇所の骨部分に金属の支柱(ネジ)を埋め込み、そこへ人口の歯を装着する治療です。天然の歯と同じように、「歯の根」の部分が骨でしっかりと支えられるので、力強く噛むことができます。

設置のための手術が必要となりますが、近年では低侵襲(身体への負担が少ない)な治療方法が登場しており、日帰りでの手術が可能です。

インプラントのメリット

  • 自分の歯に近い噛み心地が得られることが多い
  • かみ合わせを長期間安定させることができる
  • 健康な歯を削らない
  • インプラント周囲の他の歯への負担がほとんどない

インプラントのデメリット

  • 外科的手術を行う
  • 顎の骨の状態によっては設置が難しい場合がある
  • 他の治療方法に比べ、費用がかかる
インプラント治療

ブリッジ

数歯が連結したクラウンのことをブリッジと呼びます。多くの場合は、失った歯の両隣の歯を支えにして、橋渡しをするように歯を補っていきます。

セラミック素材を使用し、丁寧に治療を行うことで、見た目も機能面でもご自身の歯のように仕上げることができますが、支えとする歯を削る必要があります。

ブリッジのメリット

  • セラミックを用いれば天然の歯のように見た目を修復できる
  • 1ヶ月程度で治療が可能
  • かみ合わせを安定させやすい

ブリッジのデメリット

  • 人工の歯を支えるため、両隣の歯を大きく削る
  • 人工歯の支えとなる歯に負担がかかる
  • 失った歯が多い場合には対応できないことがある
  • かみ合わせが良くないと、耐久性に問題が生じる

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科 梅田歯科・矯正歯科 札幌大通歯科・矯正歯科 仙台歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美