入れ歯の特徴
TOP > 入れ歯(義歯) > 入れ歯の種類

入れ歯(義歯)の種類

部分入れ歯と総入れ歯

まず、入れ歯には大きく分けて「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。

部分入れ歯
部分入れ歯

失った歯の本数が少ない場合や、ご自身の歯が1本でも残っている場合には部分入れ歯となります。部分入れ歯では、健康な歯・残された歯を利用して入れ歯を支える仕組みになっています。

総入れ歯
総入れ歯

総入れ歯は上顎・下顎どちらかの歯が全て無い場合に、どちらかの顎の歯列全体を補う形で作る入れ歯です。歯茎から顎にかけてかぶせるように乗せることで支える仕組みになっています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険診療と自由診療では
かける時間・手間、素材が違う

保険の入れ歯
保険の入れ歯

使用できる素材に制限(床や歯はプラスチック、クラスプは金属)がありますが、保険が適用されるため、患者さんの経済的負担が少ないのが保険診療で作る入れ歯です。

細かいかみ合わせの調整が難しい 顎を覆うプラスチックが厚い、部分入れ歯の場合、入れ歯を支える金属のバネ(クラスプ)

自費の入れ歯
自費の入れ歯(保険適用外)

自費診療の入れ歯と言っても、さまざまなタイプがあります。入れ歯の自費診療のメリットとしては、幅広い選択肢から素材が選べる他、義歯やかみ合わせの調整に時間をかけて丁寧な治療ができる点が挙げられます。

ノンクラスプデンチャー、金属床の入れ歯や、歯牙部分の審美性を高めたものなど様々な種類があり、入れ歯自体の耐久性が高いのも特徴です。

インプラント治療

お悩みを解決するさまざまな入れ歯の種類

自由診療だからこだわれる素材

ノンスクラプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)がなく、目立ちにくい入れ歯
ノンクラスプデンチャー

「金属のばねのない」審美的な部分入れ歯で、入れ歯の支えとなる部分が歯茎と同化するピンク色の素材で作られています。金属部分が見えないため、入れ歯と気づかれにくいのが特徴です。素材に柔軟性もあり、つけ心地が快適です。見えない部分に金属を使用して噛みやすさを重視したものなど、さまざまな種類があります。

ノンクラスプデンチャーの特徴
  • 金属のバネを使わない
  • 審美性が高く、入れ歯だと気づかれにくい
  • 素材が軽く柔軟性があり、つけ心地が良い
  • 金属と合わせたものなど、様々な種類がある
シリコン床の入れ歯

クッション性のある素材で痛みを緩和
しっかり噛める入れ歯

入れ歯の歯茎や顎に接する部分が柔らかいシリコンゴムでできている入れ歯です。顎にぴったりと吸い付き、しっかり噛むことができます。食事の際の痛みが生じにくく、がたつき・ずれを防止します。

部分入れ歯・総入れ歯とも対応可能です。

やわらかい入れ歯の特徴
  • 床部分にシリコンゴムを使用
  • 歯茎・顎に接する部分が柔らかく、ぴったりと装着できる
  • しっかりと噛むことができる
  • 食事の際の痛みを緩和
  • がたつき・ずれが生じにくい
  • 外れにくい
金属床の入れ歯

入れ歯の違和感を緩和し
耐久性を強めた金属床の入れ歯

金属床の入れ歯とは入れ歯の顎に接する部分(床)を金属で作った入れ歯です。保険の入れ歯に比べて、厚みを3分の1程度にできるため、お口の中が広くなり違和感が出にくい特徴を持っています。

金属なので、丈夫でしっかり噛める他、熱伝導が良いため、食事の際に温かいものは暖かく、冷たいものは冷たいと感じ、食事をより楽しむことができます。

部分入れ歯・総入れ歯とも対応可能です。

金属床入れ歯の特徴
  • 床部分に金属を使用
  • 入れ歯自体を薄く作ることができ、違和感を減らす
  • 割れや変形に強く、耐久性に優れている

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美