セラミッククラウン セラミッククラウン
TOP > 治療内容 >セラミッククラウン

セラミッククラウン

自分の歯と区別のつかない
自然な仕上がり
 

 虫歯の治療跡が大きい場合や噛み合わせの状態などによっては「被せ物」と呼ばれる、歯をすっぽりと覆うような修復物を用いて治療を行います。強度や審美性の異なるいくつかの種類がありますが、「セラミッククラウン」とは総じてセラミックを使用した被せ物のことを指します。
  クラウン(被せ物や差し歯)の場合、適用される面積が大きいため、セラミックを使用することでより自然な仕上がりとなります。

デンタルローンがご利用いただけます。

セラミッククラウンとは?

「自然な歯」を取り戻す
セラミックによる被せ物

 虫歯の治療箇所が小さい場合などは詰め物(インレー)が使用されますが、虫歯が重度だった場合には被せ物(クラウン)が使用されます。セラミッククラウンとはセラミックでできた被せ物のことを指し、「差し歯」もクラウンに含まれます。

 クラウンの場合、ご自身の歯を大きく削ることになりますが、審美面ではもちろんのこと、噛み合わせや歯並びの矯正など様々な問題に対応可能です。また、歯の状態によってはクラウンを選択することで歯やお口の健康のためになります。

セラミッククラウンの種類

 ひとくちに「セラミッククラウン」といっても、強度や審美性の異なるいくつかの種類が存在します。

オールセラミッククラウン

 金属を使用せず、全てセラミックでできたクラウンです。通常オールセラミッククラウンといった時には、「アルミナ」というセラミック素材の一種に「ポーセレン」というセラミック素材がコーティングされたものを指します。透明感があり、天然の歯に近い見た目で審美性が高いため、主に前歯に使用されることが多いクラウンです。

ジルコニアセラミッククラウン

 ジルコニアセラミッククラウンはオールセラミッククラウンのひとつで、金属を使用しないクラウンです。通常のオールセラミッククラウンよりも強度の高いセラミック(ジルコニア)をフレーム(土台)に使用しており、奥歯のように強い力がかかりやすい部分のクラウンとして適しています。強度・審美性共に大変優れています。

メタルボンドクラウン

 歯ぎしりや食いしばる癖のある場合、オールセラミッククラウンでは割れたり欠けたりする恐れもあります。そこで使用されるのが、金属のフレームにセラミックを被せたメタルボンドクラウンです。透明感はオールセラミックに比べると劣りますが、外側から金属が見えることはありません。
 また、一部に金属を使用していますが、純度の高い金属を使用することで、経年変化による歯茎への着色を起こらないようにしています。

長い目で考えるならクラウンはセラミックで。
セラミックのメリットとは?


高い審美性

 前歯部分の差し歯の場合、保険診療では金属にプラスチックをコーティングしたものを使用することがほとんどです。しかしながらプラスチックは透明感が無く、人口の歯だと分かりやすい難点があります。
 セラミッククラウンは透明感が自然の歯に近く、色調を細かく調節することができます。また劣化がほとんどなく、汚れも付きにくいため治療時の美しさを長く保つことが可能です。


経年劣化の少なさ

 保険適用のプラスチックは黄ばみやすく、金属部分は劣化により溶け出して歯茎を黒く変色させます(メタルタトゥーと呼ばれます)し、銀歯も時間とともに腐食が進みます。しかし、セラミックには経年劣化はほとんどありません。


身体にやさしい素材

 セラミックは人間の身体に対して優しい素材(生体適合性の高い素材)で、人工関節など医療分野でも活用されています。見た目には分かりませんが、セラミックとプラスチックでは素材の粒子の大きさが異なり、プラスチックは歯茎に刺激を与え、赤い腫れなどを引き起こす場合があります。また、金属のクラウンは腐食によって溶け出した成分が体に吸収され他の身体トラブルの原因となります。

セラミッククラウン治療の流れ

カウンセリング・精密検査

 ご希望を伺いながら、治療についてのご説明を行います。銀歯をセラミックに変えたい患者さま、クラウンを作り直したい患者さまの場合には現在被せてあるクラウンの下で虫歯が進行していないかを確認して必要に応じて治療を行います。

歯の形成(「コア」の設置)

 「クラウン」とは、被せるタイプの修復物のことを言います。患者さま自身の歯が残っている場合には、クラウンの土台として使用するため、削って形を整えます。歯が十分に残っていない場合や歯の神経が失われている場合には、「コア」と呼ばれる人工の土台を用意し、その上にクラウンを被せます。
「コア」にも金属を使用したもの、グラスファイバーのものなど種類があり、素材によって値段や審美性・耐久性が異なります。

仮歯の装着

 噛み合わせや歯茎の状態を安定させるために、仮歯を装着して様子をみます。被せ物と歯の境界部分の適合性(段差がなく滑らかかどうか)は長い目で見た時の歯の美しさに影響します。歯茎が健康で被せ物がまるで自分の歯のように立ち上がって見えるよう調整を行います。

クラウンの型取り・作製

 患者さまの患部の型取り・噛み合わせの確認を行いクラウンの作製にかかります。この段階でいかに精度の高い修復物を作れるかが歯の美しさに影響します。

クラウンの設置

 完成したクラウンを設置します。クラウンは歯やコアに接着されますが、接着前には最終調整を行っていきます。歯茎などの歯周組織の安定を見て治療が完了します。

 新宿駅前デンタルクリニックは患者ファーストをモットーにして治療を行っています。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科横浜駅前歯科・矯正歯科新宿矯正歯科 池袋駅前矯正歯科博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前矯正歯科 審美