セラミックインレー セラミックインレー
TOP > 治療内容 > セラミックインレー

セラミックインレー

虫歯治療の跡を「美しく」埋め戻す

 「セラミックインレー」とは、セラミックを使用した詰め物のことです。虫歯治療で削ってしまった部分を補い、まるで自分の歯のように自然な白さ・質感を実現します。
 お口を開けた時に奥歯にある銀歯は意外と目立つもの。気になっている方が多いのではないでしょうか?セラミックの詰め物は見た目だけでなく、その耐久性や身体への影響の少なさといった点でもメリットがあります。
 すでに入っている銀歯やプラスチックの詰め物を外し、セラミックの詰め物に変える治療は比較的短時間でできるようになっています。虫歯治療の跡を目立たせず、清潔感のあるお口を「セラミックインレー」で目指してみませんか?

デンタルローンがご利用いただけます。

セラミックインレーとは?

歯に詰めるタイプのセラミック治療です。

 「セラミック」というと、差し歯のように歯全体がセラミックでできたものをイメージされる方が多いことでしょう。「セラミックインレー」は虫歯の治療でできた穴や欠損部分を銀歯やプラスチックの詰め物の代わりに使用する、セラミックでできた詰め物のことです。

 保険診療では、銀歯やプラスチックの詰め物が一般的ですが、銀歯やプラスチックには見た目で詰め物だと分かりやすい面や、経年劣化を避けられないデメリットがあります。

 セラミックには患者さま自身の歯と見分けがつかないような審美性と、劣化がほとんど無く、身体への負担も少ないといった利点があります。

インレーの治療で使用する
セラミック素材

当院ではe-maxとハイブリッドセラミックを
使用します。

e-maxのインレー

e-maxのインレーとは?

 「e-max」は近年開発された、二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材です。強度が高い上に審美性も合わせもつ素材のため、人気が高まっています。人の体にも優しくアレルギーなどの心配もありません。見た目は天然の歯の透明度に近いうえ、患者さんの歯の色調に合わせることが可能です。
 ただし、インレーで窩洞形成(かどうけいせい:虫歯になった部分の他、その周辺を詰め物がしやすいように削る措置)が浅い場合には、インレー自体も薄くなるので、割れたりヒビが入ったりする場合があります。新宿駅前デンタルクリニックでは、患者さんの希望に配慮しつつ、専門家の目からベストな治療方法・素材を提案いたします。

ハイブリッドセラミックの
インレーとは?

 一方、ハイブリッドセラミックはレジンにセラミックの粉末を配合した素材です。セラミックとレジンの良いところを組み合わせたもので、セラミックよりも安価な他、オールセラミックの素材よりも柔らかく粘性を持つため、周囲の歯を傷つけにくい上、割れにくいインレーを作ることができます。レジンが混ざっているので、見た目の経年変化は避けられない点がデメリットと言えます。

インレー素材の比較

素材素材について耐年数の目安
保険適用の白いプラスチック
(レジン)
強い衝撃が加わると破損する恐れがある他、磨耗もしやすい。変色スピードが早く、2年ほどで黄ばみが出てくる。2〜3年
保険適用の銀歯
(金銀パラジウム合金)
口腔内で変色・腐食する可能性があり、腐食した箇所から虫歯を引き起こすことが多い。2〜5年
e-max二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材で、強度が非常に高い。5〜10年
ハイブリッドセラミック歯科用のレジンにセラミックの粒子を混ぜ込み、審美性を高めた素材。経年変色が避けられない。5年

銀歯をセラミックインレーへ
セラミックインレーの
メリットとは?


高い審美性

 セラミックは何と言っても歯と見間違えるような透明感と自然な白さが特徴です。虫歯の治療跡にぴったりと合うセラミックインレーを作り、正確に接着することで虫歯の治療跡がほとんど分からなくなります。患者さま自身の歯の色に合うよう、色調を細かく調節できるのもセラミックのメリットです。


経年劣化の少なさ

 保険診療にも白い詰め物はありますが、そこで使用されるプラスチック(レジン)は時間が経つほどに、どうしても変色してきます。また強度の問題から、奥歯の詰め物には銀歯等の金属が使用されることがほとんどですが、こちらも時間とともに劣化が進み新たな歯のトラブルを引き起こすこともあります。セラミックには劣化しにくく、汚れも付きにくい特徴があります。


身体への影響がない

 人間の口腔内は食事によってペーハー値や温度が変化するなど、実は金属にとっては厳しい環境です。銀歯の詰め物は時間が経つにつれて腐食します。腐食によってできた隙間が原因で虫歯になったり、溶け出した成分で金属アレルギーになったり…、と身体への影響は無視できません。セラミックは審美性を注目されやすいのですが、身体の健康のことを考えて選ばれる方も多くいらっしゃいます。


精度が高く、歯と密着

 セラミックは歯との相性もよく、精密に加工できるため、しっかりと歯に接着することができます。歯と詰め物の間に隙間はできないので、接着部分から虫歯になるといった心配や噛み合わせの問題もありません。

「セラミックインレー」治療の流れ

 銀歯からセラミックへ付け替えを希望される場合には、まず銀歯を外し、セラミックの詰め物を作るための型取りを行います。

カウンセリング

 まずはカウンセリングにて患者さまのご希望をお聞きします。患者さまのお悩みに対して、どのような治療方法がベストなのか見極め、治療についてご理解いただいた上でスタートします。

銀歯を外す

 治療はすでにある詰め物を外すことから始まります。銀歯の下で虫歯が進行している場合もあります。長く美しい歯を持続させるため、しっかりと治療を行います。

歯の形成・色調の確認

 インレーを入れるため、詰め物が入る部分の形をわずかに整えます。また、同時に患者さま自身の歯の色調を確認し、詰め物として入れるセラミックと天然歯の色に違和感がでないようにします。

型を取る・修復物作製

 セラミックの詰め物を作製するため、形成した後の患部の型取りをします。そちらの型を使用して、歯科技工所にて修復物を作製します。

セラミックインレーの装着

 削り出された詰め物を接着します。接着する前には詰め物の整合や噛み合わせの確認を行い、最終的な仕上げを行って完了します。セラミックは耐久性に富み、汚れもつきにくい特徴がありますが、定期的なメンテナンスを行うことで、健康かつ美しい歯を保つことができます。

 新宿駅前デンタルクリニックは患者ファーストをモットーにして治療を行っています。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科横浜駅前歯科・矯正歯科新宿矯正歯科 池袋駅前矯正歯科博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前矯正歯科 審美