インプラント治療とは インプラント治療とは
TOP > インプラント > インプラント治療とは

インプラント治療とは

人工の歯根で
噛む力を回復

歯科でいうインプラント(デンタルインプラント)とは、顎の骨へ「ネジのようなチタン製の部品」を埋め込み、その上へかぶせ物(人工歯)を設置する治療です。

チタンでできたネジ部分は人工的な歯根として働くため、見た目だけでなく「噛む」機能の回復につながります。

近年、インプラントを設置する手術は低侵襲な(体への負担が少ない)ものとなってきており、歯を失ってしまった際の治療方法のひとつとして、設置を考える方も増えています。

インプラントの特徴

インプラントの大きな特徴は、「しっかり噛めること」です。インプラントのネジ部分が「歯の根」として骨に固定されるので、天然の歯と大差なく噛むことができます。

また、インプラントは他の歯を支えとする必要がないため、他の歯への負担が少なく、結果として他の歯を健康に保つことができます。


健康な歯を削らない

ブリッジの場合には失った歯の両隣に残る健康な歯を大きく削ることになります。
インプラントは欠損部分に単独で埋め込むので、他の歯を削ることはありません。


他の歯への負担が少ない

ブリッジや部分入れ歯は、健康な歯を「支え」として利用します。そのため、支えとなる歯に少しずつ負担がかかります。インプラントは人工の歯根を骨に埋め込むため、他の歯の支えは必要としません。


自分の歯のように噛める

インプラントはご自身の歯と同じくらいの噛む力に耐えることができます。そのため、歯を失った箇所も、今までどおり、自然に噛むことができます。

インプラントの構造

歯の骨へと設置するインプラントとはどのようなものなのでしょうか?みなさんが「インプラント」と呼んでいるものは、「インプラント体・アバットメント・上部構造」の全部で三つの部分から成り立っています。

インプラント体顎の骨に設置する部分がインプラント体(人工歯根)で、ネジの形をしています。

アバットメントそのインプラント体にはアバットメントと呼ばれる部品が付きます。アバットメントとはインプラント体と人工歯を結合する部品で、このアバットメントの上にかぶせ物を設置します。

上部構造セラミックなどのかぶせ物は上部構造と呼ばれ、インプラント治療では最後に設置される部分です。

インプラントとブリッジ・
入れ歯(義歯)の比較

歯を失った際、従来ですと、ブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年では、インプラント治療もいち選択肢として存在感を増しています。患部の状態や患者さまの健康状態、ライフスタイルなども考慮しなくてはならないため、どの治療方法が良い、とは決められませんが、それぞれの治療法の特徴や違いを理解した上で、選ぶことが大切になります。

インプラントと従来の治療方法比較(ブリッジ)

インプラントとブリッジ

虫歯やアクシデント等で歯を1本失ってしまった場合、まずブリッジが考えられます。ブリッジはインプラントに比べると手術を伴わず、費用の負担が少ないという特徴があります。ただ、歯を失った箇所の両隣の歯が支えとしての役割を果たさなければならないので、徐々に健康な歯への負担が増し、支えとなる歯も失うリスクを伴います。

一方、インプラントは骨に人工の歯根を直接埋め込むため、健康な歯への負担はありませんし、しっかりと噛むことができます。ただし、費用の負担が大きいこと、骨の状態によってはインプラントの設置が難しいことなど、難しい側面も持ち合わせています。

インプラント ブリッジ
設置方法
歯槽骨(歯を支える骨)に直接埋め込む。
設置方法
修復物をかぶせるために失った歯の両隣の歯を削り、橋をかけるように、ひとつながりになった修復物を設置。
他の歯への影響
他の歯への影響は少ない。
他の歯への影響
両隣の健康な歯をある程度削る
支えとなる歯の負担が大きい。
費用
基本的には保険適用外。
費用
修復物(ブリッジ)の素材にもよるが、保険が適用できる治療もある。
注意点
設置のための手術が必要。
顎の骨や歯周組織の状態によっては設置が難しい場合がある。
注意点
残っている歯が少ない場合や、奥に支える歯が無い場合には設置が難しい。
使用感
自分の歯とほぼ同じ感覚でしっかり噛める。
使用感
噛む感覚は自分の歯に近いが、ブリッジの状態によって変わる。
インプラントと従来の治療方法比較(ブリッジ)

インプラントと入れ歯(義歯)

アクシデント・歯周病等で隣り合った歯を数本失ってしまった場合には、ブリッジでの治療は難しくなります。その場合には入れ歯(義歯)やインプラント治療が考えられます。

入れ歯は適応症を選ばず、取り外してクリーニングができるため、ケアがしやすい特徴があります。自費診療(保険外診療)では、金属を使用しない審美性の高い入れ歯もあります。

ただ、若い方の場合、どうしても入れ歯(義歯)に抵抗があるかもしれません。また、「噛む」という機能に関して言えば、インプラントは自分の歯のように扱うことができるため、食事の際の負担もほとんどありません。

インプラント 部分入れ歯(義歯)
設置方法
歯槽骨(歯を支える骨)に直接埋め込む。
設置方法
失った歯の両隣の歯にフックをかけ、部分入れ歯を設置。
必要に応じて、隣の歯を多少削ることも。
他の歯への影響
他の歯への影響は少ない。
他の歯への影響
フックをかけた歯への負担が大きい。
費用
基本的には保険適用外のため、費用が高い。
費用
見た目に配慮したもの、精度にこだわったものなど様々だが、保険が適用できる治療もある。
注意点
設置のための手術が必要。
顎の骨や歯周組織の状態によっては設置が難しい場合がある。
注意点
型を取って作製し、取り外しが可能。適応範囲も広い。
使用感
自分の歯とほぼ同じ感覚でしっかり噛める。
使用感
部分入れ歯にかけられる「噛む力」は天然の歯の30~40%。

インプラントの注意点

治療の前に知っておきたいことは?

インプラントは手術を伴います

インプラントはその設置のために手術を伴います。新宿駅前デンタルクリニックでは、低侵襲な(体に負担の少ない)インプラント手術を行います。

インプラントの治療期間について

インプラント治療では、手術後人工歯を設置する前に、骨とインプラントの結合を待つ時間(約3カ月〜6カ月程度)が必要です。また、骨の量や厚みが少ない場合には骨造成が必要となるため、もう少し時間がかかる場合があります。

新宿駅前デンタルクリニックでは、インプラントを選ぶ際に、骨とインプラントの結合が早い(約1カ月〜2カ月程度)ストローマン社のものを選択しています。
条件が揃った場合には、インプラント設置手術からかぶせ物(仮歯)設置までを1日で行う「即時負荷インプラント」にも対応いたします。

インプラント周囲炎にならないために

インプラントは虫歯にはなりませんが、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になる可能性があることをご存知でしょうか?

インプラント周囲の歯磨きやケアが不十分な場合、自分の歯と同様に、プラークや歯石が溜まってきます。
「インプラント周囲炎」とは、そのプラーク・歯石の中に潜む歯周病原細菌が原因となって引き起こす、インプラント周辺の炎症です。
インプラント周囲炎は、インプラント周囲粘膜の炎症、出血と進み、悪化すると歯槽骨の溶解・インプラントの動揺につながります。最悪の場合ですが、インプラントが外れてしまうこともあり得ます。

インプラント周囲炎は治療が難しく、周囲炎にならないことが大切です。そのため、新宿駅前デンタルクリニックではご自身の歯と同様に定期的なメンテナンスをおすすめします。

インプラント設置には十分な骨の厚み・量が必要です

インプラントのインプラント体は顎の骨部分に埋め込みます。
そのため、骨がしっかりしていないとインプラントの設置は難しくなります。 新宿駅前デンタルクリニックでは、骨造成にも対応していますので、他院でインプラントは無理だと言われた患者さまもご相談いただければと思います。

骨造成とは?

インプラント設置の際、骨の厚みや幅が足りないと判断された場合に、骨を移植して骨の厚みや幅を増やしていくことを骨造成と呼びます。
移植する骨は自家骨(患者さまご自身の骨)のほか、人工骨を移植する場合もあります。

お気軽にご相談ください

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科 梅田歯科・矯正歯科 札幌大通歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美