TOP > よくあるご質問 > 審美治療について > セラミックインレーとは?クラウンとの違いは?

セラミックインレーとは?クラウンとの違いは?

銀歯を白いセラミックへ変更したいと考えていますが、インレーとは何ですか?また、クラウンとは何が違うのですか?
インレーとは修復物(補綴物)の中でも、「詰め物」のことを指します。虫歯治療では患部を削って治療を行いますが、その削り取った部分は最終的には詰め物で塞ぎます。その際使用する詰め物、さらにセラミックの詰め物の場合「セラミックインレー」と呼びます。

歯を削る量、箇所などでインレーかクラウンを検討

インレーは「詰め物」ですが、クラウンは「被せ物」と呼ばれ、患者さまの歯をすっぽりと覆うタイプの修復物となります。インレーは設置のために削る歯質の量が少なくて済むので、ご自身の歯をなるべく残したい方にオススメですが、強度の点でクラウンに劣ります。特に、噛み合わせ部分にインレーが当たる場合には噛む力によってインレーが破損する可能性があります。クラウンは設置のために歯質を大きく削る必要がありますが、強度が高く、歯全体が修復物で覆われるため、虫歯になりにくいといった特徴もあります。

噛み合わせ部分をカバーするアンレー

また、虫歯の位置によっては、治療で削った後、残された歯質部分が薄くなってしまうことがあります。そうした薄い箇所は噛み合わせにかかっているとヒビが入ってしまったり破損したり…とトラブルの原因となります。強度に関してはクラウンを選択することをオススメしますが、歯をそこまで削りたくない患者さまには「アンレー」タイプという、インレーとクラウンの中間のような治療方法もありますので、治療時にはご希望をドクターにお伝えください。

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科 渋谷矯正歯科マウスピース型矯正システム 難波矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美