TOP > よくあるご質問 > 審美治療について > セラミックの歯はどのくらい持つのでしょうか?

セラミックの歯はどのくらい持つのでしょうか?

自分の歯を削ってセラミックにした場合、その歯はどのくらい持ちますか?

出来るだけ長く使っていただきたいと思っておりますが、その方のメインテナンス次第で持ちがかわります。また、歯は体や心の負担を受ける場所ですので、お口の健康だけではなく、心身の健康維持も重要なポイントになります。当院ではそのようなアドバイスも行っておりますので、ご相談ください。

かぶせ物・詰め物の耐年数

各セラミック素材の平均耐用年数をひとつの目安として掲載します。こちらはあくまで素材としての耐年数であって、「セラミックの歯がどれくらい持つのか」は単純に素材だけの問題ではなく、歯のどこに設置するかなどによっても異なります(歯にかかる負荷が異なるため)。 また、修復物の精度や設置する医師の技術にも左右されます。 さらに、セラミックの修復物に問題はなくても、歯茎や歯の根っこがトラブルを起こして付け替えが必要になる場合もあります。 定期的なメインテナンスを行い、セラミックの歯に負担をかけないように心がけているなど、良い条件が揃っていると、20年以上同じクラウン・インレーで問題がでない方も中にはいらっしゃいます。

素材素材について耐年数の目安
保険適用の白いプラスチック
(レジン)
強い衝撃が加わると破損する恐れがある他、磨耗もしやすい。変色スピードが早く、2年ほどで黄ばみが出てくる。2〜3年
保険適用の銀歯
(金銀パラジウム合金)
口腔内で変色・腐食する可能性があり、腐食した箇所から虫歯を引き起こすことが多い。2〜5年
メタルボンド金属の土台にセラミックを焼き付けたもので、金属の強度とセラミックの審美性を併せ持つ素材。土台に金属を使用しているので、経年劣化によって金属の成分が溶け出し、歯ぐきの黒ずみとなる「ブラックマージン」を引き起こすこともある。7年
オールセラミック・ジルコニアボンド・フル(オール)ジルコニア金属を使用せず、全てをセラミックで製作。オールセラミックは審美性が高いものの、強い衝撃が加わると破損する恐れがある。オールセラミックの強度面を補ったのがジルコニアボンドやフルジルコニア。5〜10年
e-max二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材で、強度が非常に高い。5〜10年
ハイブリッドセラミック歯科用のレジンにセラミックの粒子を混ぜ込み、審美性を高めた素材。経年変色が避けられない。5年

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美