TOP > よくあるご質問 > お支払いについて > 静脈内鎮静法に向いている治療・患者さま

静脈内鎮静法に向いている治療・患者さま?

静脈内鎮静法とはどのような治療・どのような人に向いていますか?

静脈内鎮静法が向いている治療

  • 難易度の高い親知らずの抜歯やインプラント手術

治療にある程度の時間を要する治療や手術を伴う治療に向いています。治療に際しては麻酔も行いますので、痛みを感じることはありませんが、治療の振動を感じることや、治療の内容が分かってしまうことはやはり気持ちの良いことではありません。難易度の高い親知らずの抜歯やインプラントを埋め込む際の手術の際に静脈内鎮静法をおすすめしています。

静脈内鎮静法が向いている方

  • 歯科治療に対して不安・緊張が強く、治療を受けることが困難な方
  • 治療器具が口に入ると吐き気がしてしまう(嘔吐反射が強い)方
  • 今までに歯科治療で血の気が引いたり、気分が悪くなる、呼吸が苦しくなるなどの経験がある方
  • 長時間口を開けているのが苦痛な方

また、歯科に対して恐怖や緊張を覚える方は一定数いらっしゃいます。静脈内鎮静法では鎮静剤によってリラックスした状態を作り出し、治療を意識することなく受けられますので、歯科や歯科治療への苦手意識、恐怖が強い方にもご利用いただけます。

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科 梅田歯科・矯正歯科 札幌大通歯科・矯正歯科 仙台歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美