静脈内鎮静法 静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

親知らずの抜歯をしなければならないがどうしても怖い、インプラント治療を受けたいが手術が痛そうで不安…等、歯科治療に痛みの悩みや不安はつきものです。

新宿駅前デンタルクリニックでは、静脈内鎮静法によって、治療中の痛みはもちろん、恐怖や緊張を感じずに治療を受けることができます。

静脈内鎮静法とは?

"うたた寝"に似た状態で不安や緊張を軽減

インプラントや親知らず治療の際など、多くの歯科治療では部分麻酔を行いますので、患者さまが痛みを感じる事はありません。

ただ、部分麻酔では意識がはっきりしているので、手術中の会話や音もすべて聞こえるので、手術の緊張からドキドキしたり、心理的不安を感じる方がいらっしゃいます。

静脈内鎮静法(セデーション)は、点滴で鎮静剤を投与して"うたた寝"に似た状態をつくり出すことで、そうした治療中の不安や恐怖感を緩和する鎮静療法です。


治療中の「痛み・恐怖」を排除

鎮静剤の投与が始まると、うたたねやお風呂でくつろいでいる状態に近い、リラックスした状態で治療を受けることができます。全身麻酔のように意識が完全になくなるわけではないので、声をかけられれば反応することもできます。沈静中は時間も短く感じます。


副作用・後遺症の
心配が少ない

静脈内鎮静法は副作用・後遺症の心配が少ない鎮静方法です。副作用とは別に鎮静剤には健忘効果というものがあり、治療中の痛みや恐怖心が残りにくいという特徴があります。また血圧や呼吸の様子を監視しながら治療しますので、高齢の方や糖尿病・高血圧の方でも安心して治療を受けていただけます。

こんな方に適しています

  • ・歯科治療全般に恐怖心がある方
  • ・長時間口を開けているのが苦痛な方
  • ・治療器具が口に入ると吐き気がしてしまう(嘔吐反射がある)方
  • ・手術(難易度の高い親知らず抜歯、インプラント埋入など)を行う方

歯科麻酔医が付き添います

新宿駅前デンタルクリニックの
静脈内鎮静法(セデーション)

静脈内鎮静法を利用する際は、治療を担当する歯科医とは別に、歯科麻酔医が治療に付き添い、脈拍・血圧等の患者さまの状態を監視します。

静脈内鎮静法は寝ている状態に近いため、脈拍や血圧が安定し、高血圧等の持病をお持ちで、麻酔による血圧上昇を心配される方にも向いています。

新宿駅前デンタルクリニックでは、患者さまの安全のため、歯科麻酔医が治療中の患者さまの全身状態を管理いたします。

静脈内鎮静法を受ける際の注意点

静脈内鎮静法は歯科治療でも広く使われており、後遺症などが少ない鎮静方法です。ただ、鎮静状態から回復するまでには個人差があり、治療後にはふらつきなどが起こる場合もあります。

患者さまが静脈内鎮静法を受ける際には、以下のことにご注意ください。

静脈内鎮静法を用いた治療
開始前の注意点

  • 妊娠中の方・使用する薬剤にアレルギーがある方は静脈内鎮静法による治療を受けることはできません。
  • 喫煙の習慣がある方は手術日の数日前からの禁煙をお願いします。手術中に痰が多くなると呼吸管理が難しくなります。
  • 手術前には絶飲食のお願いをしております。吐物による気道閉塞や肺炎予防のためですので、厳守のご協力をお願いします。
    当日は以下の時間まで飲食可能とします。
    ・固形物、牛乳 :来院4時間前
    ・清澄水(水・炭酸・ジュース・ブラックコーヒーなど):来院2時間前 *1
  • 治療中、時計・指輪・入れ歯・コンタクトレンズは外していただきます。ケース等をご持参ください。
  • マニキュア・ジェルネイルは治療開始までに落とした状態にしてください。*2
  • 当日は金属のない下着の着用とTシャツの着用(持参)をお願いします。

1*夏場は脱水症状にならない程度の飲水は可能です。
2*鎮静中の全身状態を把握するためとなります。また、血中酸素飽和度は爪に光を当ててセンサーで測定するため、マニキュア・ジェルネイル等が爪についた状態ですと、測定できないことがございます。

静脈内鎮静法を用いた治療
終了後の注意点

  • 治療後、30 分から 1 時間程度休憩していただきます。麻酔からの覚め具合と全身状態を担当医が判断してからのご帰宅となります。
  • 当日は車・バイク・自転車などの運転は禁止です。可能であればタクシーなどを使ってお帰りいただくことを推奨いたします。
  • 当日は運動、重要な判断を要することは控えてください。
副作用について

麻酔薬とは麻酔作用の他に、血圧低下、頻脈、徐脈、悪心、嘔吐、興奮、異常運動などの副作用を起こすことがあります。特に高齢の方や持病(特に心臓、中枢神経の病気など)をお持ちの方、危険性のある手術を受ける方では低血圧、不整脈、呼吸不全、肝・腎不全、局所麻酔中毒、アナフィラキシーショックなどの突発的で重篤な副作用が起こりうることもあります。麻酔科医は細心の注意を払い重篤な併発症が起こらないように努め、万が一発生した場合は最善を尽くして対応します。

費用
※詳細は医院にお問い合わせください。

費用詳細

内容 費用

静脈内鎮静法(セデーション)

50,000
(税込55,000円)

治療費用

新宿駅前デンタルクリニックは審美歯科とインプラントの専門クリニックです。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科 梅田歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美