虫歯治療の後の銀歯が気になる

虫歯の治療時には治すことを優先して入れた詰め物や被せ物が、後になって気になる患者さんは多くいらっしゃいます。保険が適用される金属の被せ物(銀歯など)はお口の中で目立ちやすいですよね。またプラスチック(レジン)の詰め物・被せ物も経年変化によって色が変わってくるので、やはり天然歯(自身の歯)との違いがはっきりしていまいます。

ただ、これらの詰め物や被せ物は後からも交換可能です。

セラミック素材の詰め物・被せ物は体への負担が少なくメリットの多いものです。できれば虫歯治療の際にセラミックの修復物を選択することをお勧めします。

ラミネートベニアダイレクトボンディングクラウン

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科 マウスピース型矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科 博多矯正歯科KITTE博多院 東京八重洲矯正歯科 難波矯正歯科 天神歯科・矯正歯科

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美 博多矯正歯科 審美