menu
close

ブログ

投稿日:2024.1.31

受け口を治すのに保険や費用はどうなっているの?

みなさん、こんにちは!
新宿歯科・矯正歯科です★

今日は「受け口治療の保険適用と費用」についてお話ししましょう。
受け口、つまり下顎が上顎よりも前に出ている状態の治療は、多くの人にとって重要なテーマですよね。

特に「治療にはどれくらいの費用がかかるの?」「保険は利用できるの?」といった疑問は、治療を考えている方にとって大きな関心事です。
今日は、これらの疑問にわかりやすく答えていきたいと思います。

受け口治療は、見た目の改善だけでなく、噛み合わせの問題やお口の健康にも大きく関わってくるので、しっかりと理解しておくことが大切です。
それでは、一緒にこの問題の真相を探ってみましょう!

受け口って何?

受け口 新宿歯科・矯正歯科 反対咬合

「受け口」という言葉を聞いたことがありますか?
これは、お口の中で下顎が上顎よりも前に出ている状態のことを指します。
簡単に言うと、下の歯が上の歯よりも前に位置しているんですね。この受け口、医学的には「反対咬合」とも呼ばれています。

受け口の原因はいくつかありますが、一般的には遺伝的な要因が大きいとされています。つまり、家族の中に受け口の人がいると、自分も受け口になる可能性が高まるわけです。

また、幼少期の習慣、例えば指しゃぶりや舌の悪習癖が、顎の成長に影響を大きく及ぼし、受け口を引き起こすこともあります
受け口があると、見た目の問題だけでなく、いくつかの他の問題も起こり得ます。
噛み合わせが悪くなることで、食べ物を噛む際に不便を感じることがありますし、発音に影響が出ることもあります。

食べ物が噛めないことで、咀嚼しきれなかった食べ物をそのまま丸呑みにする形になってしまうので、消化不良になります。
そうすると、胃腸にも大きな負担がかかってしまいますし、栄養を十分に摂取することが難しくなります。

発音への影響も大きく出ることが分かっています。

発音がうまくいかないことで、コミュニケーションに影響が出てしまう場合や、思春期の場合には周囲からそのことについて指摘され、辛い思いをしてしまう人も少なくありません。
さらに、不適切な噛み合わせは、顎関節に余分なストレスをかけ、顎の痛みや頭痛の原因にもなり得るんです。

この問題は、長期的に放置しておくことで顎の関節に負荷がかかり、顎関節症を発症してしまいます。
口が開きにくい、真っ直ぐに口を開けることができない、音がカクカクする、顎が痛いなど、様々な症状がおこりえます。
その他にも、関節をうまく使えない、お口を上手に使うことができないことで、筋肉にコリが発生してしまいます。

肩こり、首こりから腰痛や背部筋痛、こめかみ周囲の痛みや頭痛など、様々な影響を起こします。

このように、受け口は単なる見た目の問題ではなく、口腔内の健康や全体の健康にも影響を及ぼす可能性があるため、適切な治療が重要です!
次のセクションでは、受け口の治療方法について詳しく見ていきましょう!

受け口の治療方法

受け口の治療には主に矯正治療と手術がありますが、患者様の年齢や受け口の程度によって最適な方法が異なります。
それでは、これらの治療法について、その流れと期間に焦点を当てて解説していきましょう。

矯正治療

受け口 矯正 新宿歯科・矯正歯科

受け口の多くは矯正治療によって改善が期待できます。矯正治療は、ブラケットとワイヤーを使用したり、目立たない透明なマウスピースを使用したりする方法があります。
基本的に重度の受け口の場合にはワイヤー矯正治療をすることが多いです。

その場合には、表側矯正、裏側矯正が選択されます。

治療の流れとしては、まず歯科医師による詳細な診断が行われ、その後、患者様のお口の中に合わせて矯正装置が装着されます。
矯正装置は、定期的に調整され、徐々に歯を理想的な位置に移動させていきます。矯正治療の期間は、症状の程度によりますが、一般的には1年半から数年かかることが多いです。

手術

受け口 外科手術 矯正

重度の受け口や成人の場合、矯正治療だけでは十分な効果が得られないことがあり、その場合は手術が検討されることがあります。
手術には顎の骨を切って位置を変更する「顎骨切り術」があります。手術は通常、矯正治療と組み合わせて行われることが多く、矯正治療で歯を適切な位置に移動させた後に、手術で顎の位置を調整します。
手術後には、さらに短期間の矯正治療が必要になることもあります。手術による治療の全体的な期間は、準備から完了まで数年を要することが一般的です。

これらの治療法は、患者様の具体的な状況やニーズに応じてカスタマイズされます。
どちらの治療法も、お口の中だけでなく、顔全体の印象を変えることができ、自信を持って笑顔を見せられるようになります。

次は、これらの治療における保険適用と費用について詳しく見ていきましょう。

 

保険適用と費用の実際

受け口 矯正 手術 費用

受け口治療の費用は、多くの方にとって大きな関心が寄せられますよね。
ここでは、治療における保険適用の条件と範囲、そして保険適用外の場合の費用について詳しく見ていきましょう。

保険適用の条件と範囲

受け口治療における保険適用は、治療が「医療的必要性」を有する場合に限られます。いくつかの詳細に設定された条件に該当しなければ、保険適応にはありません。

噛み合わせの問題や顎関節症など、口腔機能が正常に行われない場合に関わる問題が含まれます。
一方、単に見た目の改善を目的とした治療は、保険適用の対象外となることが一般的です。
また、保険適用の場合でも、全額がカバーされるわけではなく、一部自己負担が必要になります。

保険適用外の治療費用

保険適用外の矯正治療の場合、費用は治療の複雑性や期間、使用する装置の種類によって大きく異なります。
一般的には外科手術が伴うと、250~350万くらいかかるといわれています。

費用を抑えるためのアドバイス

費用を抑えるためには、まず複数の歯科医院で相談を受け、治療プランと見積もりを比較することが重要です。
また、治療費用の分割払いやローンの利用も選択肢として検討できます。
さらに、一部の歯科医院では、治療費用の支払い方法を様々なプランで提供していることもあるので、治療を検討する際にはこのような情報も確認してみましょう。

受け口治療の費用は、確かに高額になることがありますが、それに見合う価値があります。正しい噛み合わせと自信ある笑顔を手に入れるためには、適切な投資が必要なのです。
次のセクションでは、この記事のまとめとして、受け口治療の重要性と応援メッセージをお送りします。

まとめ

今日は、受け口治療の保険適用と費用について一緒に学びましたね。
受け口治療は、単に見た目を良くするだけではなく、お口の健康を守り、自信ある笑顔を取り戻すためにも重要です。
治療に関する正しい情報を得て、自分に最適な治療法を選ぶことが大切です。
まずは矯正相談などで、ご自身の納得のいく治療方針や費用の概算が聞けると安心できますよね。
矯正治療は一生に関わる大きな治療ですので、必ず納得がいってから、治療を始めるようにしてください!

受け口治療を検討しているみなさん、ぜひ勇気を持って一歩を踏み出してください。
治療は一時的なものですが、その結果は一生ものです。健康なお口と素敵な笑顔で、これからの人生をさらに輝かせましょう!当院は、そんなあなたを心から応援しています!!!

 

新宿歯科・矯正歯科ってどんなところ?

新宿歯科・矯正歯科 スタッフ 衛生士

★新宿駅から徒歩3分★
・裏側矯正歴15年、症例数20,000件以上
・全国に分院を持つ裏側矯正専門医

裏側矯正の経験の豊富さは都内1です!
新宿駅からアクセスも近くてとっても便利♪
土曜・平日夜遅くまでやっているので会社員の方も多く通われています。

SNSもぜひチェックしてみてください☆彡
★Instagramはこちら★

無料カウンセリングのご予約はこちら