menu
close

矯正のセカンドオピニオン

second opinion

より良い歯並び・かみ合わせのために

新宿歯科・矯正歯科では矯正治療のセカンドオピニオンや再治療のご希望についてもご対応いたします。他の医療機関で既に矯正治療を受けた方や治療が終了した方で、治療内容や結果に不安を感じている方は、どうぞご相談ください。新宿歯科・矯正歯科の医師が中立かつ客観的な視点から、治療に関する見解をお伝えいたします。

歯列矯正のセカンドオピニオンとは?

矯正治療に対する見解をお伝えします

矯正治療の「セカンドオピニオン」とは、主に進行中または完了した矯正治療について第三者的立場から客観的に診断・意見することを指します。
また、患者さまがより良い歯並び・かみ合わせのために、矯正治療を行ったクリニックとは別のクリニックへ意見を求めることも「セカンドオピニオン」と言います。
新宿歯科・矯正歯科では、他のクリニックにて現在矯正中の方や矯正治療終了直後の方で、仕上がりやかみ合わせ・歯並びに不安がある方へ、セカンドオピニオンを提供しています。

セカンドオピニオンには何が必要なもの

現在行なっている矯正治療の資料

初診時の資料や治療計画・経過などの文書があれば、より具体的なお話ができますが、現在の主治医に話しつらい場合もあるかと思います。また、クリニックによっては資料の提示が有料となる場合や、提示自体を断られることもあります。
矯正治療に関する資料がなくても問題ありませんので、ご安心ください。

矯正治療に対して不安に思っている点

患者さまが不安を感じているポイントは様々です。たとえば、治したい歯並びがまだ改善されていない、かみ合わせに不調がある、また治療に予想以上に時間がかかっているなど具体的にお話ください。

通っている歯科クリニック・主治医の対応の詳細

患者さまの不安に対して、具体的な状況や対応についてお話できる範囲で教えていただければ幸いです。

セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオン

他院にて矯正中・矯正完了の患者さまでセカンドオピニオンをご希望の方へ。
新宿歯科・矯正歯科のドクターが対応いたします。 ※ ドクターの指名はできません。
50,000円 (税込55,000円)

矯正治療におけるセカンドオピニオンの目的

セカンドオピニオン=転医ではありません

セカンドオピニオンというと、転院や転医も考慮されるかもしれません。しかし、セカンドオピニオンは異なる視点から意見を得ることで、患者さまが矯正治療を続けるための安心材料となる面もあります。通常、主治医やかかりつけのクリニックに直接質問できるのが最良ですが、それが難しい場合や不安がある場合には、セカンドオピニオンを利用することも一つの選択肢です。
新宿歯科・矯正歯科では無理に転医を勧めることはございませんので、お気軽にご相談ください。

セカンドオピニオンのタイミング

矯正治療のセカンドオピニオンを得るのは、主に「治療を開始する前」、「治療中」、「治療後」の三つのタイミングがあります。

矯正治療開始前のセカンドオピニオン

矯正治療を始める前に他院の治療方針に不安を感じている場合や、治療に関する別の意見を求める場合は、セカンドオピニオンをご検討ください。

新宿歯科・矯正歯科ではこれから矯正治療を行う方に必ず無料カウンセリングをお願いしております。無料カウンセリングでは矯正治療の説明や当院のシステム等をご説明しております。

矯正治療前のセカンドオピニオンでよくあるご相談

  • 非抜歯の矯正治療が難しいとされた
  • 抜歯の必要がある?
  • マウスピース型矯正は困難と言われた
  • 提示された矯正シミュレーションが大丈夫かどうか不安
  • 治療期間をもう少し短くしたい
  • こんなに短い期間で治療完了するのか
  • 矯正治療自体が難しいケースと言われた
  • 矯正治療の費用・料金は適切かどうか

矯正治療中・退院通院中のセカンドオピニオン

矯正治療中の歯並びやかみ合わせ、治療の進行に関して新宿歯科・矯正歯科ドクターの見解をお伝えしております。現在通っている医院や主治医に聞きにくいことなどもぜひご相談ください。

矯正治療中のセカンドオピニオンでよくあるご相談

  • 歯並びの改善が見られない
  • 口元の見た目が変わっていない
  • 口元が以前より出てきた気がする
  • かみ合わせが悪化したように感じる
  • 治療の長引き・治療が終わらない
  • 歯茎の後退が見られる

矯正治療後のセカンドオピニオン

矯正治療は終わったものの、希望の結果になっていない、かみ合わせの問題といったご相談も受け付けております。

矯正治療後のセカンドオピニオンでよくあるご相談

  • 矯正治療は完了したが、歯並びが整っていない
  • 出っ歯に改善がみられない
  • かみ合わせが合わず奥歯で噛めない
  • 前歯がかみ合わず、うまく噛みきれない
  • 矯正後、後戻りした

矯正治療の再治療はできる?

矯正治療の再治療については、歯や歯の根に問題がないかを精密に検査した上で可能です。
ただし、治療が現在進行中か、それとも治療が終了しているかによって、その後の対応が異なります。
いずれの場合も、以前の治療に問題がある場合は、検査や治療計画を最初から行う必要があります。これにより、患者さまの時間や費用の負担が増加する可能性があります。矯正歯科を選ぶ際は、慎重に検討することが重要です。

セカンドオピニオンを求めるその前に

まずは通っている矯正クリニック・主治医にご相談を

矯正治療に不安がある場合は、まず現在通っている歯科医に相談してみましょう。矯正治療は患者によって異なり、現在の治療方法や進捗には理由があるかもしれません。
しかし、満足できる回答が得られない場合や質問がしにくい場合もあります。その際は、お気軽に東京八重洲キュア矯正歯科にご連絡ください。

矯正治療は医師との信頼関係が重要

矯正治療は時間をかけて行われるため、治療期間中には歯科医やスタッフと何度も顔を合わせることになります。そのため、通うクリニックの医師・スタッフが患者さまにとって信頼できるかどうかは治療の成功にも影響します。
治療に関する丁寧な説明や精密検査の実施など、これらのポイントに注意を払って矯正歯科を選ぶ際に、信頼性を確認してみてください。