menu
close

ブログ

投稿日:2024.2.9

歯列矯正で使うブラケットって何?

はじめに

みなさん、こんにちは!新宿歯科・矯正歯科です。
今回のブログでは、歯列矯正についてお話ししていきます。
歯列矯正って気になりませんか?矯正治療に関する疑問を解決していきましょう!

ブラケットとは何か?

ブラケットとは?

ブラケットは、歯列矯正治療において重要な役割を果たす小さな装置です。
歯の表面に接着して取り付けられ、通常は金属や樹脂、セラミックでできています。
これらのブラケットは、歯を正しい位置に移動させ、理想的な咬み合わせを実現するのに役立ちます。

ブラケットの役割

ブラケットの主な役割は次のとおりです。

・歯の移動
ブラケットは矯正ワイヤーと連携して歯を徐々に移動させます。歯の位置を微調整し、正しい配置に誘導します。

・咬み合わせの改善
不正咬合や歯並びの問題を解決するために使用され、正確な咬み合わせを実現します。
これにより、噛み合わせに関連する問題や痛みを軽減します。

・美しい笑顔
ブラケットは歯の美しさと調和を高め、美しい笑顔を実現するのに貢献します。
セラミック製のブラケットは目立たないため、外見にも配慮されています。

矯正 笑顔・歯の安定性
矯正治療後、ブラケットは歯を新しい位置に安定させる役割を果たします。これにより、長期的な効果が維持されます。

ブラケットは歯列矯正治療の重要な一部であり、歯医者との協力のもとで正確に取り扱われます。
正しいブラケットの選択と配置は、治療の成功に不可欠です。

ブラケットの種類

歯列矯正治療に使用されるブラケットには、さまざまな種類があります。
それぞれ異なる特徴と利点があり、患者さんの好みや治療のニーズに合わせて選択されます。

セラミック メタル ブラケット 矯正1. 金属ブラケット
特徴: 金属ブラケットは最も一般的で、しっかりとした効果が得られると言われています。
金属でできており、ステンレススチールなどが一般的です。
利点: 頑丈で信頼性が高く、コスト面でも比較的手ごろです。

2. セラミックブラケット
特徴: セラミックブラケットは金属ブラケットよりも外見が自然で目立ちにくいのが特徴です。
歯の色に合わせて選べることがあります。
利点: 美しさと効果を両立させたい方に適しています。外見に気を使いたい人におすすめです。

3. カラフルブラケット
特徴: カラフルブラケットには、ゴムバンドがついており、患者さんが好きな色を選ぶことができます。カスタマイズ性が高いです。
利点: 季節や気分に合わせてカラフルなブラケットにでき、治療を楽しむことができます。特にお子様に人気です。

4. リンガルブラケット
特徴: リンガルブラケットは歯の裏側に取り付けられるため、外見に影響を与えずに矯正治療を行えます。
利点: 目立たず、美しい笑顔を保ちたい方に適しています。ただし、取り扱いに慣れるのがやや時間がかかる場合があります。

ブラケットの取り付けの流れ

歯の清掃
取り付け前に、歯科医師は患者さんの歯をしっかりと清掃します。
歯面の汚れやプラークを取り除き、ブラケットを確実に取り付けるための準備を行います。

クリーニング 矯正 流れブラケット選定
治療計画に基づいて適切な種類のブラケットを選びます。患者さんの歯に合わせてサイズが調整され、適切な位置に配置されます。

接着剤の塗布
ブラケットの裏側に特別な接着剤を塗布します。この接着剤は歯の表面に付着し、ブラケットを固定します。

ブラケットの配置
歯科医師は、ブラケットを患者さんの歯に正確に配置します。
ブラケットが正確な位置にあることが重要で、これによって歯の移動が適切に制御されます。

光照射
接着剤を硬化させるために、特殊な光を使用します。これにより、ブラケットが歯にしっかりと固定されます。

ワイヤーの取り付け
ブラケットが取り付けられたら、ワイヤーが取り付けられます。このワイヤーが歯を移動させるための力を伝えます。

取り付け時の痛みや違和感

ブラケットの取り付け時には、一時的な痛みや違和感が生じることがあります。これは通常、以下の要因によるものです。

歯の圧力
ブラケットとワイヤーによって歯に圧力がかかり、歯を移動させるためのプロセスが始まります。
この圧力によって、歯茎や歯の周りの組織に一時的な違和感や痛みが生じることがあります。

お口の中への適応
初めてブラケットが取り付けられる場合、口の中に適応するのに時間がかかることがあります。
ブラケットが歯に当たることやワイヤーの動きに慣れるまで、違和感を感じることがあります。

食事への適応
ブラケットの取り付け後は、食事の際に注意が必要です。
硬い食べ物や粘り気のある食べ物を摂ると、ブラケットやワイヤーに圧力がかかり、違和感が増すことがあります。
これらの違和感や痛みは一時的であり、数日から数週間で軽減されることが一般的です。
痛みが強い場合や持続する場合は、歯科医師に相談しましょう。

ブラケットの役割

歯の移動と調整
ブラケットは歯に取り付けられ、ワイヤーと共に歯を移動させる役割を果たします。
ブラケットに取り付けられたワイヤーが歯に圧力をかけ、歯の位置を調整します。
このプロセスによって、歯並びや咬み合わせを改善することが可能です。

歯の回転や傾きの修正
歯列矯正において、歯の回転や傾きを修正する必要があります。
ブラケットはワイヤーを通すことで、歯を適切な方向に誘導し、歯の傾きや回転を矯正します。

咬み合わせの調整
歯列矯正治療の一部として、咬み合わせの問題も解決されます。
ブラケットとワイヤーの組み合わせによって、上下の歯の咬み合わせを調整し、適切な咬み合わせを実現します。

歯列矯正の目的

歯列矯正治療の主な目的は以下です。

・歯並びの改善
・咬み合わせの正常化
・顔の調和的なバランスの実現

これらの目的を達成するために、ブラケットは不可欠です。
ブラケットが歯に取り付けられ、ワイヤーと連携して歯の移動や調整を行うことで、歯列矯正治療は成功します。
ブラケットは治療計画の一部であり、歯科医師が患者さんの個別のニーズに合わせて配置し、調整します。

総括すると、ブラケットは歯列矯正治療において歯の移動、咬み合わせの調整、
美しい笑顔の実現に欠かせない要素であり、その役割は治療の成功に直結します。

矯正治療 ブラケット 歯並び 噛み合わせ

矯正治療の目的

矯正治療の流れ

初診と評価
矯正治療は歯科医師との初診から始まります。歯科医師は患者さんの歯並びや咬み合わせの問題を評価し、治療計画を立てます。

ブラケットの取り付け
歯科医師が選んだブラケットが患者さんの歯に取り付けられます。この段階では矯正装置全体が設定されます。

矯正 ブラケットワイヤーの取り付け
ブラケットにワイヤーが取り付けられ、歯の移動を促進します。ワイヤーは定期的に調整されます。

調整と定期的な診察
矯正装置が装着されたら、定期的な歯科検診が行われます。
歯科医師はブラケットの調整やワイヤーの交換を行い、治療の進行を監視します。

治療の完了
歯の移動や咬み合わせの調整が完了したら、ブラケットと矯正装置が取り外されます。
治療完了後、リテーナーが提供され、後戻りをしないために歯を保定しサポートします。

矯正治療の期間
矯正治療の期間は個人差がありますが、一般的には1年から3年以上かかることがあります。
治療の複雑さは歯の状態によって異なります。いずれにしても定期的な診察や調整が必要です。

矯正治療の頻度
矯正治療の頻度は通常、1ヶ月に1回から2回の診察が必要です。
歯科医師はブラケットやワイヤーの調整を行い、治療の進行を確認します。
適切な頻度での診察が治療の成功に重要です。
矯正治療は歯の健康と美しい笑顔を実現するための方法であり、ブラケットはその一部です。
歯科医師の指導のもと、患者さんは定期的なケアと協力が必要です。

まとめ

いかがでしたか?ブラケットは歯列矯正治療では要の部分であり、美しい歯並びを実現するために重要な役割を果たします。
歯科医師の指導に従い、正しいケアとメンテナンスを行うことが、効果的な矯正治療の鍵です。
歯並びや咬み合わせの問題を解決し、健康なお口を維持するため、定期的な歯科検診と治療を通じて、
美しい笑顔を手に入れましょう。

新宿歯科・矯正歯科ってどんなところ?

 

★新宿駅から徒歩3分★
・裏側矯正歴15年、症例数20,000件以上
・全国に分院を持つ裏側矯正専門医

矯正 ブラケット 新宿歯科・矯正歯科裏側矯正の経験の豊富さは都内1です!
新宿駅からアクセスも近くてとっても便利♪
土曜・平日夜遅くまでやっているので会社員の方も多く通われています。

SNSもぜひチェックしてみてください☆彡
★Instagramはこちら★

無料カウンセリングのご予約はこちら