新宿駅徒歩3分圏内 アクセス Lingual orthodontics

ブログ

投稿日:2023/06/03

マウスピース矯正中にタバコ吸ってもいいの?

皆様、こんにちは☔
新宿歯科・矯正歯科です!

「喫煙習慣があるけど、マウスピース矯正を始めるのに
禁煙しなくてはならないのでしょうか?禁煙出来るか心配で…」
喫煙している方は禁煙することがネックになって、
矯正を始めるか悩まれる方が多いです。
結論から申しますと、マウスピース矯正中に喫煙しても大丈夫です。
ですが、喫煙する時にはマウスピースを必ず外すことや、
様々なリスクや注意事項があります。
この記事を最後までお読みいただくことで、
マウスピース矯正中の喫煙での注意事項についてご理解いただけます。

マウスピース矯正中にタバコを吸うとどうなる?

タバコ

・マウスピースの着色

マウスピース矯正中にマウスピースを装着したままタバコを吸うと、
タバコに入っている成分のタールが、マウスピースを着色します。
マウスピースは透明ですので、歯が汚れているように見えてしまうデメリットがあります。

・変形の可能性

紙タバコの場合には、マウスピースに熱が伝わり変形する可能性があります。
変形してしまうと、マウスピースが本来の位置に元に戻せないことや、
変形した状態で歯が移動されてしまうので、
本来動いてほしい方向に動かず、
矯正期間が長くなってしまう可能性があります。

・マウスピース装着時間が短くなる

マウスピース矯正では、マウスピースを装着する時間は
長いほど良いと言われています。
1日の間に22時間以上装着することを推奨しています。
お食事中や歯磨き、マウスピースの洗浄中などは外していますが、
喫煙している間も外すとなると22時間以上装着するのは難しい場合がほとんどです。

・口臭が発生する

口臭

タバコを吸う際にはマウスピースを外しますが、
その後に歯磨きをして戻すことをしないとタバコの成分がお口の中に残ります。
タールは歯の表面に沈着して着色汚れになりますし、
その上にもプラークや歯石が付着しやすくなります。

タバコを吸うことで起きる弊害

・歯が動きにくい

矯正治療では歯を動かす時に、
歯の周囲の顎の骨を溶かしながら、
再生させながら少しずつ動かしていきます。
成長期で顎の骨がまだ柔らかい期間や、
新陳代謝が良いと矯正治療に効果が出やすいというデータも出ています。
実はタバコを吸うとその煙や成分がお口の中全体に行き渡り、
タバコのニコチンが歯肉の血流を悪くします。
そうする事で、血流が悪くなった顎の骨の中では新陳代謝が遅くなり、
歯を移動させたときに動かした顎の骨が再生するまでに、
通常より時間がかかります。

タバコの種類でも注意が必要

タバコの種類でも、大きく変わります。

・紙タバコ

ニコチンが含まれており、加えた部分に熱が加わるのでマウスピースが変形する恐れがあります。

・電子タバコ

ニコチンが含まれないものであれば、ニコチンが含まれているものもあります。
直接ではなくリキッドから蒸気を吸っているから
大丈夫だと思われる方もいるかもしれませんが、
ニコチンが含まれていれば歯を動かしにくくする
要因になりますのでご注意ください。

まとめ

いかがでたか?タバコを吸うのにも、
その度にマウスピースを外さなければならないこと。
ニコチンの影響で歯を移動させにくくなるということが
ご理解いただけたと思います。
マウスピース矯正をすることで、
次第に禁煙する事ができたという方も居ますので、
マウスピース矯正をしたいけどタバコを吸っていて悩んでいる、
という方はぜひ新宿歯科・矯正歯科までご相談ください。

ご一読して頂きありがとうございます。

« »